おはようございます。
松崎です。
今日は、新規の借り換え相談の方が来られます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの相談のあった方らかこんな質問がありました。

お客さん「破産したら5年間は住宅ローンが借りれないんだろ??」

破産をすると個人の信用情報に破産したことが分かる記録が残ります。
この記録が残っている限り住宅ローンを借りることは難しいのですが、5年経過すれば住宅ローンを
借りる事が出来るのでしょうか?

答えは出来ません。
実際は5年ではなく10年を経過すれば借りられる”可能性”がある。
という程度です。

絶対に借りれるわけでもありませんが、絶対に借りられないわけでもない。

ただ、5年では限りなく借りる事は難しい。

以前もお話しましたが、日本には3つの信用情報機関があります。
CIC,JICC,JBAです。

この信用情報機関のうちJBA(全国銀行協会)には10年を超えない範囲で破産した事が分かる
記録が残ります。

住宅ローンの審査をする際に上記3つの信用情報機関に情報開示しますので審査の際に破産の記録が残っていれば
審査に落ちることは高確率です。

だからといって10年を超えていれば借りれるわけでもない。
信用情報機関から情報は消えるが、銀行が独自にその情報を掴んでいることもありますし
銀行によっては、官報情報を確認する銀行もあります。

官報情報には破産した事が出ていますし官報情報をウェブで確認すれば昭和20年代まで遡って
記録を見ることを出来ます。

そうなれば10年経過していたとしても官報情報を見れば破産した事が分かります。

破産している場合は、一つの区切りで10年経過後に審査をしてみましょう。

場合に寄っては審査に通ることもあります。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。