おはようございます。
松崎です。
今日は、アパートローンの新規融資付けの資料を作成したいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの相談を受けているお客さんからこんな質問がありました。

「未払い利息って何ですか??」

皆さんは、変動金利のにおける未払い利息ってご存じですか?

未払い利息は、変動金利のルールにより発生するものです。
なので固定金利で住宅ローンを借りている人には関係のない話しです。

未払い利息とは変動金利の「5年ルールにより発生します」
まず変動金利の5年ルールはご存じの人も多いと思います。

簡単に言うと融資を借りてから5年間は支払金額が変わらないというルールです。
厳密に言うと借入後に5回目の10月1日に支払い額の見直しがあります。

なのでおよそ5年間は支払い額が変わりません。
ただ、覚えておいてもらいたいのは支払い額は5年間変わりませんが、利息と元金の割合は変わる可能性があります。

変動金利は支払い額が5年間変わりませんが、金利は4月1日と10月1日に見直しされています。
半年に1回に金利を見直ししています。

例えば毎月支払い額が10万円であれば、この支払い額は5年間変わりません。
しかし金利は半年に1回見直しされていますので金利を見直しによって上がれば利息と元金の割合が変わります。

金利見直し前 支払い額10万円 元金8万円 利息2万円

金利見直し後 支払い額10万円 元金7万円 利息3万円

という具合に金利が見直しにより上がれば割合が変わります。

未払い利息は、この金利見直しにより
金利見直し後 元金0円 利息11万円 になったとしても支払い額が5年間変わらないので支払い額は10万円です。

そうすると利息が1万円足りません。
これが未払い利息です。

銀行は本来利息を11万円もらいたいけど支払い額を5年間変えられないので利息の1万円未払い利息として
最終支払回にまわします。

その為、最終回の支払が24万円(未払い利息込み)になったりします。

これが未払い利息です。
ちょっと怖い気もしますが、金利が上がりすぎて元金返済が0円になる可能性は低いと思いますが
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。