おはようございます。
松崎です。
今日は、八重洲まで行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、住宅ローンの相談のあったお客さんでこんな事を言われた事がありました。

このお客さんは、審査を申し込んで全ての銀行で否決になっていました。
都市銀、地銀、信金にフラット35まで全ての銀行で否決だったのです。

その状態でハウスメーカーの営業マンからご依頼をいただき住宅ローンのコンサルティングを
しました。

結論から言うと一度審査に落ちたフラット35で審査が通りました。

この事をお客さんに話すと
お客さん「えっ!?本当ですか??」

と驚いたようす・・・

それはそうですよね。
今まで全ての銀行で審査に落ちて、もう家は買えないと諦めていて私への依頼も
ダメ元のような状態でしたから審査に通ったと言う事が信じられなかったそうです。

しかも一度審査に落ちたフラット35だったので尚のことです。

そしてお客さんから念押しされたのが
お客さん「この審査結果がひっくり返るような事はないんですよね??」

と言われました。
一度承認になった結果がイキリなりひっくり返る事なんてあるのでしょうか?

実は、本審査の結果が承認であっても場合によっては融資を断れる事があります。
あくまで本審査の承認は、融資を絶対にすると言う約束ではありません。

では、どんな時にこの審査結果がひっくり返るかと言うと下記に該当するときは
審査結果がひっくり返る可能性があります。

・申込書に虚偽の記載をした
・団体信用生命保険の告知内容について虚偽の申告をした
・融資前までに信用状況が悪くなった(借り入れをしてしまった、転職、退職した)
・差し押さえ、債務整理、破産をした
・死亡した
・購入物件が変わり担保評価が著しく変わった

などが上げられます。

これに該当しなければ審査結果が変わる事はありません。
工事が始まってから上記のことに該当したら大変ですからね。

ぜひ、覚えておいてくだいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。