おはようございます。
松崎です。
昨日は、松戸と入間でのアポで200km運転しました。
道が空いていて良かったです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、借り換えの相談のあったお客さんから借り換えも良いけど、金利の引き下げは
できないかな??

とお話がありました。

金利の引き下げとは、現在借りている住宅ローンの金利を銀行に下げてもらうことです。
そんな事ができれば嬉しいですよね。

借り換えをするよりも諸費用もかからずお手軽です。

しかし、これには大きな難関があります。
それは、ご自身で銀行へ行き金利を下げてくれ。

という交渉をしなければなりません。

銀行相手に金利を下げる交渉・・・・
とても私にはできない・・・

という意見が一般的です。
銀行相手に金利交渉を行うのにただ、銀行に行って「金利を下げてくれ!」と言っても
銀行が「はい、分かりました」なんて言うはずがない。

交渉ごとですからね、手ぶらで行っても勝ち目はありません。
先日、私のお客さんで銀行から金利を下げますよ。

と言われたお客さんがいた。
まずあり得ない事です。
銀行自ら金利を下げるなんて・・・

このお客さんはスルガ銀行で住宅ローンを組んでいました。
3.575%です。

いま何かと話題のスルガ銀行です。
これは恐らく他行に借り換えをされないようにするために行った自己防衛でしょうね。
あれだけ問題になっていますし預金も相当引き出しされているようですから
スルガ銀行も厳しいはずです。

銀行から言われる事はあり得ませんから自ら金利交渉を行う場合はテクニックが
必要です。

言えば金利を下げてもらえる。

とは、思わないようにしましょうね。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。