おはようございます。
松崎です。
昨日は、民泊について勉強をしました。
民泊についてもコンサル出来るようにしていきたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな物件の融資相談を受けました。
ハウスメーカーの営業マンからの紹介だったのですが、お客さんの購入したい土地に
差押えが付いていてローンで苦戦している。

という、内容でした。

購入する不動産に差押えが入っていると住宅ローンは苦戦するのでしょうか?

そもそも差押えとは、不動産の所有者が何らかしらの支払いをせずにいると債権者から不動産などの財産を
処分できないように確保されると言う事です。

よくある差押えは市県民税や国民年金、国民健康保険料などを滞納すると市区町村から
差押えされる事があります。

このような状況ですと差押えを抹消しないと次の所有者に所有権を移す事ができません。

今回ご紹介いただいたお客さんが住宅ローンに苦戦しているというのはこういった理由です。
これは以前にもブログでお話しました。

銀行のよっては、差押えが抹消されるまで審査以降の手続きに進めないと言う事があるのです。

審査は承認が出ているが実際に融資するのは、差押えが抹消されてからと言う事です。

しかし、ここで問題があります。
そもそも現在の所有者である売主さんはお金がなくて不動産を差し押さえられています。
不動産を売却してそのお金で差押えを抹消しようと考えている方がほとんどです。

と言う事は順番的にはこんな感じです。

買主の融資実行 → 売主へ売買代金の支払い → そのお金で差押えの抹消と所有権移転

それを今回の融資銀行は

差押えの抹消 → 買主の融資実行 → 売主へ売買代金の支払い → 所有権移転

という流れを要求してきています。
差押えの抹消が最初なのか後でもOKなのかの違いです。

そもそもお金がないのですから最初に差押えを抹消するというのは難しいケースがほとんどです。
こういった事を言ってくる銀行もあるのでそう言った場合は、差押えの抹消は所有権の移転と同時でOKです。

という銀行で最初から申し込むしかありません。

差押えの入っている物件を購入しする時は覚えておいて下さいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。