おはようございます。
松崎です。
今日は定休日なのでゆっくりしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

ニュースで「原野商法」で不正に宅地建物取引業の免許を不正取得して逮捕されたという記事がありました。

「げんやしょうほう」と読むのですが、価値の低い山林や畑などの高値で買い取ると持ちかけ
お金をだまし取る商法です。

実は、私の元にも2年ほど前にこんな相談がありました。
私の知り合いからの相談だったのですが

知人「知り合いが売りに出している山林に相場よりも高く買いたいと不動産屋言ってきているけど大丈夫なのか??」

私「相場よりも高く??山林なんでしょ?多分それはないと思うよ」

知人「すぐにでも買い取りたいお客さんがいるから先に農転(農地転用)の手続き費用と登記費用などを先に欲しいと言ってきてる」

これを聞いた時点で「嘘だな」と思いました。
一般的に取引の際に農転や登記費用は必要になります。

しかしその費用を不動産会社が先に請求してくることはありえません。
さらにこの業者は、仲介手数料も前払いだと言ってきたそうです。

山林や畑などは売りに出したらすぐに売れるというものでもありません。
このだまされそうになった人も1年以上前から売りに出しても売れる気配がなかったので相場より高く買ってくれると
言われたので舞い上がってしまったそうです。

冷静に考えれば価値の低い土地を相場以上に買い取りたいなんて言ってくると逆に怪しいですよね。

この人は、そのまま話しには乗らなかったそうですが、こういった原野商法というを最近耳にします。
昨年も宅建業者でこの商法で宅地建物取引業の免許を除名された業者さんがいました。

私は、不動産協会の仕事に係わっているので除名なった会社があればすぐに分かります。
理由を聞いたら同じような事をして一般消費者からお金をだまし取っていたそうです。

価値のない土地を相場よりも高く買い取りたい!
何て言われたら気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。