おはようございます。
松崎です。
今日は、ゴルフコンペに行って来ます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

稀にこんな相談があります。
主に会社経営者や個人事業主の方からの相談になります。

住宅ローンで5000万円借りたかったけど、4500万円しか借りれなかったので
事業資金として500万円引っ張ってこれないか??

という相談内容です。

事業融資というのは、相談者が経営者・個人事業主だからこそ出てくる話です。

会社として設備資金や運転資金として銀行などで500万円を借りて来て
そのお金を会社が社長個人に500万円を貸す。

これで社長は500万円の自己資金ができますから住宅ローンの融資が4500万円でも
会社から借りた500万円と合わせて5000万円です。

こういった依頼が稀にくるのです。

普通に考えたらダメなことはわかりますよね。

事業資金を貸す銀行は、設備資金や運転資金にためにお金を貸します。
その資金使途を嘘をついて融資金を社長へ迂回させるのですからね。

当然、こんな依頼は受ける事ができない。

お客さんから直接いってくる事もありますし建築会社の営業マンから言われる事もあります。

そこまでしてこの案件を取りたいのか??
と思うほどです。

このような事はやめましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。