おはようございます。
松崎です。
今日は、地主さんの資産相談を受けてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、お客さんの金消契約に立ち会ってきました。

住宅を購入したお客さんなのですが、自己資金の確認のために残高を確認することはよくあるのですが
今回は過去3ヶ月分ほど入出金をみたいと言ってきました。

最近そんなところまで見るの??
と聞くと
「スルガ銀行の一見がありましたて・・・お金の動きだけ確認させてもらっています」
と言われました。

アパートローンだけで無く住宅ローンにも影響が出ているんですね。
全く迷惑な話です。

住宅・不動産業界もスルガ銀行の事件があったと思えば今度はレオパレスが問題になっていますね。

問題になっているのは各世帯を間仕切っている壁です。
私は元々現場監督だったのでよく分かるのですが、各世帯を仕切る間仕切り壁は界壁と言われ
一般的な内壁よりも厚くなっており石膏ボードの2重貼りなどの遮音性の高い壁になっています。

私が担当していた現場も界壁は通常の壁の厚みの2倍ありました。
それが、床下から天井裏までです。

床下や天井にも界壁があります。
床下や天井を通って隣の住戸に行けてしまったら意味がありませんからね。

なので床下から天井まで隣の住戸とは完全にふさがれています。

これが施工されていなかった何て言うのはあり得ない話しです。
界壁部分はしっかり施工をされているか写真を撮っていましたし確か界壁の施行写真は行政に提出していたような気がします。

15年以上前なのでうろ覚えなのですが・・・

現場監督も分かっていたでしょうね。
界壁部分が施行されていないのは。

組織的ですね。

転居を余儀なくされる人は1万人以上いるみたいですね。

レオパレス21・・・
経営的に厳しいでしょうね。
赤字が300億以上・・・

今後の動向が気になりますね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。