おはようございます。
松崎です。
今日は、金消契約と建物の内覧の立ち会いがあります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

3ヶ月程前に、友人の会社がこんな依頼を受けたそうです。
これは平気なの??と言う相談を受けました。

この友人はセミナーなどのイベントをコンサルティングする会社です。

その相談内容とは、セミナーの内容について大丈夫なのか?
という事で内容を聞くと区分マンションの投資の内容でした。

投資用のワンルームマンションに住民票だけを一時的に移転させて住宅ローンを借り
その後、賃貸に出すというセミナーです。

何ともあからさまにOUTな内容です。

これを大っぴらにやろうというのですからこのマンション業者も肝っ玉が座っています。

これは完全にOUTな内容なのは分かりますよね。
元々賃貸に出す物件を購入するのに住宅ローンは利用できません。

友人には断った方が良いと言っておきました。

住宅ローンを利用するために住民票だけを移転しあたかも引っ越した事を演出し実際は引っ越していない。
そしてその物件を賃貸に出す。

悪質です。

そもそも、なぜ住宅ローンを利用するのかと言うと投資用のローンと比べて住宅ローンは金利が安いからです。
住宅ローンの金利が0.5%を切るような時代ですから投資用のローンと比べれば1%若しくはそれ以上に
金利差があります。

収支にも影響してきますよね。

ただ、住宅ローンは居住目的の物件を購入する為の商品です。
投資物件を購入するためのものではありません。

資金使途が決まっているのです。

以前も弊社に相談に来られた方が購入したマンションを賃貸に貸す予定だったのに不動産会社に言われて
フラット35に住むていで申し込んだけど本当に大丈夫なのか?

と相談に来られた方がいました。
これも完全にOUTです。

投資物件は投資用ローン。
間違っても住宅ローンを進められても利用してはいけません。

あまり悪質な場合は、約定違反として一括完済を求められる事も有るかもしれません。

気をつけてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。