おはようございます。
松崎です。
今日は五反田でセミナー&勉強会があります。
雪が心配です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、区分所有マンションの投資をしているお客様のご相談を受けました。
2戸お持ちで収支は年間でマイナス50万円・・・

このマイナスの要因の一つがスルガ銀行で借りているアパートローンです。
金利が3.65%の為、収支状況を悪くしています。

もしこの金利が1.9%ほどだったら年間12万円のプラスです。
マイナス50万円とプラス12万円の差は62万円ですから大ですよね。

借り換えが出来ればいいのですが、先日も話した通りスルガ銀行で借りていると言うだけで
他の銀行は、ほぼ受け付けてくれません。

先日の記事はこちら↓
「スルガ銀行で借入があると融資が借りられない!?」

その為、借り換えという選択肢は限りなく難しい。

そもそも区分所有マンションの投資ってこんなものなのでしょうか?
ぶっちゃけて言ってしまうと区分所有マンションの投資で可処分所得(手残り)を多く残そうと考えると難しいです。

区分所有マンションの投資の場合、利回りも低いため良くてプラス1万円/月、大体トントンかマイナスになっている事の方が
多く見受けられます。

なので投資のスタイルとしてたくさんキャッシュを稼ぐというよりは、毎月マイナス1万円でローンが払い終わったら
売却してキャッシュを得る。

毎月1万円の積立保険に加入して30年後に解約して解約返戻金をもらう。

というイメージです。

なので将来の年金代わりなどに考えている人向けの商品だと思った方が無難です。
投資会社のセミナーによっては、儲かるような話しをしているケースもあるようですが
そんなに儲からないと言う事です。

年間12万円プラスで30年で360万円利益があって、その時にマンションを1000万円で売っても
合計で1360万円です。

30年で1360万円です。
年間で45万円ほどの利益です。

学生のアルバイトより低いです。
ましてや30年間満室と言う事も考えられませんし修繕が発生しない事はない。

となると実質はもっと低いですよね。

自分がやりたい投資スタイルを考えて区分所有マンションは購入しましょうね。

私は不動産投資のはじめの一歩としては、いいと思いますがね。
勉強として・・・

参考にしてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。