おはようございます。
松崎です。
今日は一日都内で打ち合わせです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、高金利でキャッシングとリボ払いを借りている方の相談をうけました。

元々カード会社の利息は、カードローンより高い事もある。
しかもショッピングの分割払いは14%近くになることも多い。

支払いっている額にもよるがさすがに金利が14%を越えると元金の減りがとてつもなく遅い。

5年間支払っているけど元金が全然減っていない・・・
と、ようやく数年経って気がつく人もいる。

私のお客さんで過去の債権を10年間支払っている方がいました。

「松崎さん、これって10年くらいはらっているんだけどいつ終わるんだろう??」
と言われた事がありました。

10年間払っているのにまだ完済しない??
「支払い表はどうなっていますか??」と聞いたのですが「支払い表なんて見たことがない」
というのです。

えっ??もともと債権額はいくらぐらいですか?
と聞くと「1000万円です」

1000万円!?
毎月いくら払っているのかと聞くと「5000円です・・・」

これを聞いた瞬間、「絶対に増えている」と思いました。

そもそも1000万円の債権で毎月5000円しか払っていない。
この時点で債権異動だと分かりました。

債権異動している場合の金利は14%を超えている事が多い。
このお客さんの場合、元金1000万円に対して金利14.6%でした。
と言う事は年間の利息が146万円です。

それに対して支払っているのは年間6万円。
140万円ずつ支払う金額増えているのです。

それを10年間そのままにしていたので、確認時点の完済に必要な金額は2400万円を超えていました。
元金など1年も減っていなかったのです。

むしろ1400万円増えてしまっていました。

皆さんもご自身が借りている債権の金利は確認しておきましょう。
何年も支払って元金が減っていない!!
何て言うことにならないようにしましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。