おはようございます。
松崎です。
今日は、ハウスメーカーさんで定例の会議がありますので出席して来ます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、お客さんから「この物件が高いのか安いのか??」という質問を受けました。

確かに物件を購入する際にその物件が相場より高いのか安いのか・・・
気になりますよね。

この手の質問はたまに受けることがあります。

不動産の相場は、査定をする人間の感覚的な部分がありますし、査定をする会社の営業方針にも
よります。

営業方針で査定額が変わる??

と思うかもしれませんが、あるのです。
会社によって査定額が全然違うと言うことは・・・

例えば
3つの会社に査定をしてもらうとします。

A社 3000万円  B社2900万円  C社3500万円

と査定書がでたら皆さんはどの会社に物件を売ってもらいたいですか??
恐らくC社ですよね。

C社は3500万円で売れると言っているのですから他の会社に任せるよりも500万円以上高く売れる可能性がある。
と考えるとC社に売却を依頼したくなりますよね。

実は、この手の査定額を他社よりもあえて高く出すという会社もいます。
その方が物件の売却を任せてもらえる可能性が高いですからね。

実際にその値段で売れなくてもとりあえず売却依頼を受けてしまおう。
という考え方です。

実際に売りに出してもみて売れなかったら徐々に金額を下げて行く。
そういうやりかたです。

最終的にはA,B社で査定した金額くらいで売れると言うこともありますから
そもそもA,B社の査定は強ち間違っていないという場合もあります。

その物件が高いのか安いのか・・・
これは素人の方には、なかなか判断が難しいですが、周辺の物件と比較して見るのが一番です。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。