おはようございます。
松崎です。
今日は、夕方から住宅ローンと住宅購入の相談があります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、住宅ローンの残債が残っていると売却金額で残債を完済できないと売却する事は出来ない。
と言うお話しをしましたね。

今日は、住宅ローンの残債が残っている状態で建替えが出来るのか?
というお話しをしたいと思います。

たまたま先日、こんな相談をもらいました。

住宅ローンの残債が約450万円ほど残っている状態のお客さんで住宅ローンの申込みをしたら
審査に落ちた・・・

という相談でした。

住宅ローンの残債が残っているというのは既存の家の住宅ローンの残債が残っており今回その家を解体して
新しい家を建てるのに借りる新規の住宅ローンに残っている残債450万円を上乗せするという内容です。

ご存じでない人もいるかもしれませんが、既存の住宅ローンは、多少残っていても新しい住宅ローンに上乗せ
する事が出来ます。

例えば
残っている住宅ローン450万円は新しく建てる家の3000万円の住宅ローンに上乗せして
3450万円を借りて3000万円を新しく家を建てる建築会社に支払い450万円既存の住宅ローンを借りている銀行に
返済をする。

と言う仕組みです

これを行えば既存の住宅ローンが残っていても新しく住宅ローンを借りる事が出来ます。
但し、既存の住宅ローンを上乗せするのにも限界があります。

既存の住宅ローンを4000万円上乗せして新しい家の住宅ローンを2000万円借りて合計6000万円を借りる。
こういった資金計画には無理があります。

そもそも土地と建物にそれなりの価値がなければ貸してくれません。

土地と建物の価値が3000万円しかないのに6000万円貸してくれと言うのは無理がありますよね。

今回のお客さんは、他に問題がありこの住み替えローンの適用が出来ませんでした。
その内容はまたご説明しますね。

残債があっても住宅ローンは借りれる。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。