おはようございます。
今日は、不動産会社さんの集まりのゴルフコンペに出席してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんなど相談がありました。
単純に住宅ローンお支払いが厳しいから借り換えをしたいという話でした。

お客様のご自宅でお話を伺うと借り換えは難しい状況でした。
まず、借り換えをしたいご自宅には住んでおらず私が伺ったご自宅は賃貸物件でした。

この時点で借り換えはできないと判断したのですが、このお客さんは会社経営者で
経営状況が厳しく会社の運転資金の借り入れを払えていない状況でした。

会社の運転資金は、住宅ローンを借りている銀行と同じ銀行から借りていたのです。

私は、以前から会社のメインバンクなどで住宅ローンを借りるのは最後の手段と
お話ししてきました。

その理由がまさにこれです。

会社が立ち行かなくなった際に住宅ローンの残債金額もバレてしまうのでいの一番に
自宅を売却しろと促してくるからです。

場合によっては、第2抵当も取られてガチガチに固められてしまいます。
このお客さんも銀行から早く自宅を売れと言われているようで借り換えどころの
問題ではありませんでした。

売却すると住宅ローンを返済しても300万円ほど余る予定でしたが
銀行はその金額すべてを先に抑えたかったようです。

この様に会社のメインバンクと住宅ローンを借りている銀行が同じだと場合によっては
自宅まで取られてしまう可能性もあるのです。

そうならないためにも会社のメインバンクと住宅ローンの借入先は別の銀行を利用する事も
考えておかなければなりません。

同じ銀行だとすべて銀行の思う様にされてしまう事もあります。

覚えておいて下さい。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。