おはようございます。
松崎です。
今日は久しぶりにゆっくりな1日です。
自分のお客さんの建築現場でも見てきたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、団信の事でこんな質問をもらいました。

お客さん「これから手術する可能性があるのですが、書いた方が良いですか??」

住宅ローンは、団信が通らなければ借りられないのが一般的です。
なので団信に落ちてしまえば住宅ローンの方の審査が通っていても貸してくれないのです。

このお客さんは、ある病気で手術をする予定がありました。
その為、この質問があったのですね。

団信の告知書には過去の病気に関して告知する部分があります。
ほとんどが過去3年以内の病気や手術に関してですが、将来にわたって質問する部分はありません。

現時点での機能障害について質問する部分もありますが、手術をする予定がありますか?
と言うような質問はありません。

なので告知する必要がないのです。

ただ、手術をする予定があるとすれば事前に何かしらの症状が出ていたり通院している事もあると思いますので
そう言った点は告知する必要があります。

いきなり手術になることは少ないですからね。

そして生命保険の告知書とは違い告知する義務があるのは過去3年以内になっていることが多いです。
生命保険の告知書の場合、過去5年以内になっています。

その点では、団信の方が少しゆるめですね。

また、持病があっても団信は通る可能性があります。
一般的に生命保険であれば謝絶(断られる)になるケースも団信であれば通ってしまう。

こんな事もあります。

何はともあれ告知書は、嘘を書かず正直に告知することをオススメします。

もし虚偽の申告をし告知義務違反になれば保険金が下りる住宅ローンが0円にならない可能性もあります。

気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。