おはようございます。
松崎です。
今日は、注文住宅がご希望のお客さんの住宅ローン相談を受けてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査を申し込んだけど否決になてしまった。
今度は、申し込み人を変更して再度申し込みをする。

こう言ったケースがあります。

他の銀行に出せばいいだけですが、人によってはその銀行でしか審査の土台に乗らない
という事もあります。

ご主人で申し込んだが審査に落ちてしまったので次は同じ銀行へ奥様をメインにして
住宅ローンの申し込みをする。

ご主人で審査に落ちたんだから奥様で申し込めば平気。
と思うかもしれませんが、実はこれは受け付けてくれない場合があるのです。

特にご主人で申し込んだ際の否決の理由がご主人の信用情報によるものであれば
なおさらです。

銀行から債務者を変更しても申し込みは受け付けられません。
とはっきり言われてしまう事もあります。

信用情報に問題のあるご主人の奥様ですから、万が一ご主人に差し押さえや破産などの自体が
行った時に配偶者である奥様にも影響が出るかもしれません。

そうなれば奥様に住宅ローンを貸している銀行にも影響があるかもしれません。

おそらくはこう言った理由で債務者を変更しても受け付けてくれないのだと思います。

最初から、審査に落ちるかもしれない。
という事がわかっているのであれば審査に出す前に相談しましょうね。

気を付けて下さい。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

 

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。