おはようございます。
松崎です。
今日は、定休日なのでお休みです。
仕事始めの次の日が定休日・・・正月気分が抜けません。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

この時期になると確定申告をする為に準備をしている人もいると思います。

弊社にも個人事業主の方からご相談が多い時期です。
相談内容は、確定申告の申告額についての相談が多くなります。

いくらで確定申告をすれば○○○○万円借りられるか??

という相談です。
とはいえ、1期分だけの数字を良くしてもダメなので住宅ローンを借りたいのであれば
過去3期分からしっかり申告してもらうのが良いです。

1期だけ数字が良くて過去2期が悪いと銀行も何でこんなに数字が良くなったの??
と思います。

また、数字が良くなると言うことは比例して売上も伸びていないとおかしな話になります。

以前、こんな相談を受けました。
営業売上が1500万円ほどありましたが、所得金額は100万円以下・・・

1400万円は経費や仕入れ原価が掛かっているという内容です。
これを売上は変わらず所得金額を800万円にしたらどのくらい借りれるのか??

という相談でした。

この案件を持ってきた不動産会社さんにも言いましたが、売上が変わっていないのに
所得金額が700万円も増えるの自体がおかしいのです。

今まで1400万円掛かっていた経費や仕入れ原価はどこへ行った??
という感じです。

このお客さんは、実質の所得金額は600万円ほどらしいのですが、税金を払いたくないので
何でもかんでも経費計上していたようです。

税金は払いたく無いけど住宅ローンは借りたい・・・

そんなことは出来ません。
中には、修正申告して税金払ってもし住宅ローンが通らなかったら税金の払い損じゃないか!
と言われたことがあります。

税金は払うものです。

そんなこと言うなら勝手にしてください。
という感じですが、税金は住宅ローンを借りるための経費だと思ってください。

税金をある程度払わないと住宅ローンは借りれない。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。