おはようございます。
松崎です。
今日は、お付き合いのある会社さんの新年会に出席してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、外国籍の方の住宅ローンのお手伝いをした時にこんな事がありました。

金銭消費貸借契約(以下、金消契約)をしている時にこんな事を言い出しました。
「融資の実行を明日して欲しい!!」

銀行担当者も私も「えっ!?」と一瞬止まってしまいました。

当然、そんな事はできないので銀行担当者が「それは出来ない」と説明をすると
お客さんが逆ギレ・・・

会社の同僚達は金消契約をして次の日には融資を実行してもらった。
だから出来るだろう!

の一点張り・・・

同僚達も同じ銀行だったのに何で出来ないんだ!!

とずっと怒っていました。

確かに事前に説明があれば対応できたのかもしれないが、金消契約の最中に「明日融資を実行して」と言われても
銀行も対応できない。

それを私も説明すると「お前はどっちの味方だ!」と怒られる始末・・・

一般的には融資実行日を決め、その3日〜7日前に金消契約を行います。
金消契約の書類にも融資実行日が予め記載されているのでそれをいきなり明日には出来ない。

ましてや抵当権の設定や所有権の移転など司法書士、売主さんにも都合がある。
それを度外視して明日には当然出来ない。

それを何度説明しても納得しない様子でしたが「出来ないものは出来ない」と話しとりあえず書類は全て記入してもらい
帰ってもらいました。

決済日当日は、ギクシャクした雰囲気の中決済は行われました。

ちゃんと段取りを説明しておいてもこんな事言ってくるお客さんがいるんですね。

住宅ローンの一般的な流れはこんな感じです。

事前審査(1日〜7日)

本審査(3日〜7日)

金消契約(融資実行前3日〜7日)

融資実行

という流れです。
書類等がそろっていて書類に不備などがなければ早くて1ヶ月くらいで融資が実行出来ます。
平均的な期間は1ヶ月半くらいかなと思います。

これから住宅ローンを組む方は覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。