おはようございます。
松崎です。
今日は、作成しなければいけない書類があるので出勤したいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨年、住宅ローンを滞納しているお客さんの相談を受けたときにこんな質問がありました。

このお客さんは住宅ローンをすでに2ヶ月滞納していました。
お客さんから「住宅ローンって何カ月滞納滞納するとヤバイですか?」

と質問を受けました。

住宅ローンって何ヶ月滞納すると大変なことになるのでしょうか??

そもそも住宅ローンは滞納をすると最終的に競売に出され強制的に売却されてしまいます。
そうなるまでには、いくつかの段階があります。

まずは、保証会社を利用して住宅ローンを借りている場合は、一定期間滞納すると銀行から
期限の利益を喪失したから一括完済してください。

と連絡があります。
第一段階としてこの「期限の利益の喪失」というのは何でしょうか??

期限の利益とは、借りたお金を分割払いで長期間で返済をする権利の事です。
35年ローンであれば借りたお金を35年の分割払いで返済する権利のことです。

この権利を喪失したという事になり、分割払いはもうダメです。
一括で返してください。

という事です。

こうなるまで民間の銀行であれば一般的に3ヶ月、フラット35だと6ヶ月です。

このお客さんは民間の銀行から住宅ローンを借りていたので2ヶ月滞納しているので
あと1ヶ月滞納すると期限の利益を喪失する事になります。

結局、このお客さんは、親戚などからお金を借りて滞納していた2ヶ月分を支払い
期限の利益を喪失することは免れました。

このように住宅ローンは3ヶ月や6ヶ月滞納すると上記のような事になってしまうんですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。