おはようございます。
松崎です。
今日は、初詣に行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの相談のあった方からこんな質問を受けました。
住宅ローンの審査に通らなかったらどこかに記録として残るのか??

という質問でした。

住宅ローンの審査に「落ちた」という事はどこかに記録として残るのでしょうか??
お客さんは、信用情報機関に残るのでは??

とお話がありました。

住宅ローンの審査に落ちたという事は、信用情報機関には記録が残りません。
が、信用情報を「見た」という記録が残ります。

信用情報を見るのは、今回の住宅ローンの審査をする銀行や所有しているカード会社など
信用情報機関に加盟している会社になります。

その加盟している会社のみが申込者の承諾(個人情報の同意書など)をもらった際に信用情報を
見ます。

なので誰でも見れるかというとそうではありません。

そして信用情報を見た。という記録は6ヶ月間残ります。
なので審査に落ちたという記録は残りませんが信用情報を見た記録は残ります。

ただ、なぜ信用情報を見たのか?という理由が残ります。

今回住宅ローンの場合、住宅ローンの審査のために信用情報を見た事が分かります。
この住宅ローン審査のため、信用情報を見たという記録が多くあれば後から信用情報を見る
銀行は「この人、たくさん審査を出しているけどまだ審査に通っていないのかな??」という
事は思うかもしれません。

なのであまりたくさんの銀行に審査を出す事は新しく審査をする銀行に悪い印象を与える
可能性はあります。

そして、肝心の審査に落ちた。
という記録が残るのは信用情報機関ではなく、審査を申し込んだ銀行に残ります。
申し込まれた銀行は、申し込みを受け審査に落とした。

という記録は、どのくらいの期間記録されているのは私にも分かりません。
ある銀行では、1年で記録が消える。
と言ってきた銀行もありますが、定かではありません。

なので1度落ちた人は、審査を受けられないと言ってくる銀行もあります。

住宅ローンの審査に落ちた記録は、信用情報機関には残らないが銀行には残る可能性がある。

参考までに覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。