おはようございます。
松崎です。
今日は、ゴルフの打ち納めに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査に通るか通らないかと言う人は銀行の選択を誤るだけで
大きな損失を産む事がある。

数年前にご相談いただいたお客さんでのことです。

その方は、建築現場の外壁などにモルタルを塗る左官屋さんでした。
確定申告書も営業売り上げが約3000万円で所得金額も650万円ほど
ありました。

土地はお持ちだったので建物を建築する予定で工事全て込みで約4000万円ほどの
建築内容でした。

自己資金は500万円だったので借入3500万円が希望でした。

この内容で建築会社が通してあった住宅ローンが、個人事業主で事業に関する借り入れも
あることから住宅ローンを借りるのは厳しいと判断し審査の比較的ゆるい銀行から
3.9%という金利で審査を通していました。

お客さん本人も個人事業主で住宅ローンは借りられないかも・・・
と思っていたので金利が3.9%でも借りれる事に満足していました。

このお客さんはたまたま私のお客さんから「友人が家を建てるんだけど金利が3.9%って
言ってたんだけど、どうにかなりますか?」と言われたのきっかけにお会いする事になりました。

結論から先にお話しすると私の方で借りてきた金利は1.3%です。
もともと借りようとしていた金利から▲2.6%です。

このお客さんはこのまま3.9%で借りていたら支払い総額が約6400万円・・・
私が提案した内容だと約4300万円・・・

支払う利息差が約2000万円です。

この様に銀行の選択肢を間違えるだけで利息に大きな差が出てしまいます。

銀行選びは大切でね。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。