おはようございます。
松崎です。
今日は、決済に立ち会ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんなそう相談を受けたました。

注文住宅の場合、銀行はどこでも大丈夫ですか??
と質問を受けました。

住宅ローンの銀行選びは自分に会うかどうかもありますが、注文住宅の場合
銀行選びも大切になります。

この相談のお客さんは、建築士事務所で建物を建てることを希望していました。

この場合は、銀行選びが大切です。
なぜ、建築士事務所で建物を建てる時は銀行選びが必要なのでしょうか?

その理由は、建築会社の規模などによって銀行が分割融資をしてくれない事があるのです。

大手ハウスメーカーだと着工金、中間金と分割融資をしてくれるのに建築会社の規模が小さいと
建物完成時にしか融資を実行しない事があるのです。

分割融資をしてくれないと言う事は、建築会社から着工金と中間金の請求を受けても
自己資金から捻出するしかないのです。

着工金や中間金は、建築請負金額の30%前後です。
中間金まで合わせると建築請負金額の60〜70%になるのです。

建築請負金額が2000万円であれば着工金で600万円、中間金で600万円〜800万円
になります。

これを自己資金で払うと言うのは厳しいです。
その為、銀行から融資金額を先に分割で融資してもらう必要があるのです。

その為、建築会社の規模関係なく分割融資をしてくれる銀行を選ぶ必要があるのです。

どんな建築会社で建築しても分割融資してくれる銀行を選びましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。