おはようございます。
松崎です。
今日は、午前中に依頼を頂いている不動産評価の書類を作りたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近ニュースで南青山の施設の件で騒がれていますね。

これ系の問題ってちょくちょくありますよね。
幼稚園や保育園の建設も反対されるも見た事がありますし、待機児童が多いという状況なのに
住んでいる人たちはあまり協力的でない事が多いですね。

南青山のニュースを見ていましたが、その中で「土地の資産価値を下げないで欲しい」
と発言している人がいましたね。

今回の様な施設が建つと不動産の評価は下がるのでしょうか??

ニュースでもやっていましたが、今回のような施設が建設されたからといって
周辺の不動産評価が下がるということはありません。

では実際どんな施設が建設されると不動産の評価が下がるのかというと
主に嫌悪施設になります。

嫌悪施設とは、字のまんまですが周囲から嫌われるような施設です。
例えば、風俗店や騒音や大気汚染をするような施設、火葬場、お墓などです。

今回のような児童相談所などは嫌悪施設には当たらないと考えています。

私も過去にこんなことを言われた事がありました。

リーマンショックの煽りを受けて中堅のマンションデベロッパーが倒産しかけていた時に
35戸のマンションで4戸しか売れていないマンションがありました。

残りの31戸をまとめて一人の投資家さんに売却した事があります。

その時に当初購入されていた4世帯の方から「分譲マンションを購入したのに賃貸マンションに
なってしまった!価値が下がる!!」と言われた事がありました。

建物のグレードは賃貸マンションとはレベルが違いますので資産価値が下がるという事は
なく賃料もそれなりに高かったのでそもそも属性の悪い人は入りません。

その為、鑑定士さんの判断も価値は下がらない。
という結果でした。

不動産の価値が下がるのは嫌悪施設や事件や事故などによるものが多いのです。

参考までに覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。