おはようございます。
松崎です。
今日は、建築のプロデュースをしたお客さんの地縄に立ち会ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

今回のお客さんもそうなのですが、注文建築の場合、請負契約時の金額から最終的に
追加が発生するケースが多い。

今回のお客さんも打ち合わせを重ねていき最終的には約500万円追加になっている。

お客さんの欲しい設備などを追加したので特に問題無かったのですが、過去にはこの追加金額で
揉めたケースを何度も見てきています。

特に気をつけたいのは、安すぎる坪単価の場合と設備のグレード、外構工事などです。

一般的な価格より安い坪単価の場合、含まれていない工事や設備などがある。
見た目だけ安い見積もりが上がってくるが、最終的な必要工事や設備を入れていくと結局
普通の値段になってしまう事もある。

標準設備に関しても注意はしておきたい。

全てコミコミ!
と書かれていても、含まれている設備のグレードがあまりにも低かったりする事もある。
ショールームに行き含まれている設備を見てガックリ・・・

設備のグレード上げて追加費用が150万円・・・
という事もある。

そして、外構工事も大きく価格が変動する部分です。

過去にこの外構工事費用が追加で500万円もでてしまい、建築会社と揉めて解約になったお客さんが
いました。

特に高低差がある土地などでは外構工事費用はかさむ事が多い。
営業マンの最初の見積もりだしが甘いと後で価格が上がってしまい、資金計画が狂ってしまう事もある。

この様に注文住宅の場合、あまりに安い坪単価や標準仕様の内容、外構工事の妥当性など
しっかり確認しておきたい部分はたくさんあります。

あとで追加費用がかさみ資金計画が狂わないように気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。