おはようございます。
松崎です。
今日は、保険会社で住宅ローンの勉強会をしてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

物を購入する時に現金主義すぎると住宅ローンの審査に落ちる事がある。
という事を聞いた事があるだろうか??

実際に30代で今までローン関係、ショッピングの分割払い、クレジットカードを
持っていないなどの状況だと審査に落ちる事が本当にあるのです。

どうして今までローンも組んだ事がない、クレジットカードも持っていない状況で
審査に落ちてしまう事があるのだろうか・・・

銀行からしたら真っ白で綺麗な人。
というイメージだが、この真っ白というのが実はポイントなんです。

住宅ローンの審査をする際に申込者の信用情報を取り寄せます。
その情報をもとに過去の借り入れ状況、支払状況を確認し問題がなければ信用情報の部分は
OKになります。

真っ白の人は、この信用情報が出てこない。
申込者の名前で取り寄せても「データがない」という事になります。

この「データがない」という状況が良くないのです。
それは、債務整理や破産して一定の期間がたつとその人も過去のデータが消え真っ白に
なるのです。

本当に今まで借り入れなどがなくて真っ白なのか過去に金融事故があり一定期間が経ち
真っ白なのか分からないと言う事です。

それが30代にもなれば余計に疑わしいのです。
30代になって今まで借り入れもない、分割払いもない、クレジットカードも作った事がない
と言う人の方が珍しいのです。

逆に銀行は、30代であれば過去に金融事故があるのかな??
と思ってしまうと言う事です。

その判断がつかず審査に落ちてしまう事があるそうです。

そう行った人のことを「スーパーホワイト」と言っている事もあります。

しかし、絶対に審査に落ちると言う訳ではありません。
審査が通りにくい状況になる場合がある、とだけ覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。