おはようございます。
松崎です。
今日は、久しぶりに出かける予定がなくてゆっくりです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

こんな相談を受けました。

会社を設立したてのお客さんでしたが会社を設立する前は5年ほど個人事業主で
確定申告をしていました。

そのお客さんから
「もしかして住宅ローンの審査をするのは会社を設立させる前の方が良かったですか?」
と質問をされました。

確かに上記のケースだと会社を設立する前に住宅ローンの審査をし融資してもらう方が
良かったのです。

以前から、申し上げていますが会社の代表者になると個人の収入書類以外に会社の決算書の
提出を求められます。

この決算書の内容によっては住宅ローンが借りられません。
しかも決算書は3期分必要になってきますので1期しか終わっていない場合は、住宅ローンの
申し込み自体ができない事もあります。

また3期分の決算書を提出しますので3期中に1期でも赤字があると審査を
受け付けてくれバイト銀行もあるのです。

そのため、今回のお客さんのケースは個人事業主の間に住宅ローンは借りてしまった方が
いいのです。

会社を設立してしまったばっかりに決算が3期終わらないと住宅ローンの申し込みが出来ない!
と言う状況になってしまったのです。

もし会社を設立する予定のある人は、会社を設立させる前のサラリーマンの時や
個人事業主の時に住宅ローンを申し込んでしまいましょうね。

皆さんも覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。