おはようございます。
松崎です。
今日は、事務処理に没頭します・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

みなさん、住宅ローンの審査で勘違いしている事がよくあります。

それは、審査において満点をとる必要があると思っているところです。

住宅ローンの審査には銀行が提示している条件があります。
年収や勤続年数、自己資金額など銀行によって様々です。

この条件に対して全ての条件をクリアする必要はない。
という事です。

勤続年数3年以上とパンフレットに書かれていても関係ないのです。
3年以上の勤続年数がなくても住宅ローンは借りられる。

中には年収が200万円以下だと審査してくれないという銀行もあるが他の銀行に申し込みを
すれば貸してくれる可能性は十分にある。

インターネットなどで住宅ローンの貸付条件を見て条件に当てはまらない部分が
あってもガッカリする必要はない。

勤続年数が6ヶ月でも住宅ローンが借りれたケースもありますし
年収が180万円でも借りれたケースはいくらでもある。

オートローンやキャッシングがあっても住宅ローンを借りれる事もある。

貸付条件を見て諦める前に一度審査はしてみましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。