おはようございます。
松崎です。
今日は、JAさんのお祭りを手伝って来ます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、会社役員の方の住宅ローンをお手伝いしました。

会社役員の場合、審査の必要書類として決算書が必要になって来ます。
以前に何度もお話ししてきましたが、会社代表者や役員の方の場合、住宅ローンの審査で
個人の属性はもちろん会社の経営状況も審査に大きく影響をしてきます。

その為、年収がいくら高くても会社の経営状況が悪ければ審査には通らない。
場合によっては、審査すら受け付けてくない。

こういった状況から決算書を出したがらない方も多くいる。
決算書を出さなくても審査できますか?

などと言われることもしばしばあります。

今回のお客さんも決算書3期分の中には直近は黒字決算でも3期前は赤字決算でした。
直近が黒字だから良いだろう!
と思うかもしれませんが銀行としてはNGになる事が多い。

また、3期全部黒字でも繰越損金が残っていると審査をしてくれない事もある。

今回のお客さんもできれば決算書を出さずに審査をしたいという希望でした。
そんな時、お勧めなのはフラット35です。

フラット35の場合、決算書を求めて来る時もあれば求めてこない事もあるのです。
そうです。
決算書を出さなくても審査が通る事があるのです。

このお客さんは、属性は特に問題もありませんでしたのでそのまま決算書の提出は
求められずサクッと審査が通りました。

まぁ決算書を求められても決算内容はそれほど悪くないので提出しても問題なかったのですが
出したくない人にとってはフラット35というのは一つの選択肢として覚えておいた方が
良いのです。

また、一般的な民間銀行の場合、経営者や役員となると頭金も2割前後入れて欲しいと
言って来る事がありますので頭金が必然的に必要になります。

その点フラット35は10割融資があるので頭金を入れなくても不動産を購入する事ができる。

会社経営者の方や役員の方はぜひ覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。