おはようございます。
松崎です。
今日は、金沢からブログを書いています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、借り換えご相談のお客さんからこんな事を言われた。

借り換えをすると約800万円ほど利息が下がるお客さんでした。
800万円は大きいですよね。

それだけの金額を銀行に払わずに済むのですから・・・
裏を返せば自分たちのために使えるお金が800万円増えるのです。

旅行に行くのもよし、教育費で使うのもいい、古くなった車を買い換えるのもいい
銀行に利息として払うのと自分たちのために使うのとどっちがいい?

と言う話です。

そんな話をしている時に
お客さん「もしかしたら、後15年くらいで実家に帰るかもしれない。だとすると利息の軽減額も
800万円までは行かないですよね?」

確かに、将来売却する場合などは利息の軽減額は下がります。

しかし、よく考えてください。

借り換えによって金利が下がると言う事は、元金の減りが早いと言う事です。
と言う事は15年後に売却する時に借り換えをしないのと借り換えをしたのとでは
住宅ローンの残っている残債の額に差が出ているのです。

もし15年後に残債2000万円の物件を2500万円で売却したら手残りは500万円
ですよね。

でも残債が1600万円まで減っていれば手残りは900万円です。

この様に将来売却する場合にも借り換えをしておけば元金が減ったことにより手残り金額が
増えるのです。

何年先に売却するのか、売却金額など細かいシミュレーションはする必要がありますが
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。