おはようございます。
松崎です。
昨日は、久しぶりにお昼を食べる余裕がありませんでした・・・
今日は大丈夫そうです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日までに債権異動した場合に住宅ローンを組む方法として2つをお伝えしてきました。
今日は3つ目のお話です。

一番最初に債権異動したらいわゆる”ブラック”という状態になり住宅ローンを借りる事は出来ない。
と話してきました。

しかし債権異動がしていても住宅ローンを借りる方法が3つあると話しましたね。
1つ目はノンバンク銀行で高金利で住宅ローンを借りる方法
2つ目は債務者を変更して住宅ローンを借りる

今日お話しする3つ目は、債権異動した理由によってはノンバンクのような高金利でなく住宅ローンが
借りれる方法です。

この方法は、ハードル高めです。

と言うのも全ての債権異動した人が借りられるかというとそうではありません。

債権異動したと言う事は、借入などの返済をしなかった人です。
理由は、様々だと思います。

・お金がなく残高不足だった
・支払いを忘れてた
・病気をしていた
・海外に行っていて気がつかなかった

などたくさんあると思いますが、基本的には住宅ローンは借りられない。
これは1回目にお話しした通りです。

ではどうすれば住宅ローンが借りれるかというとそれは方法ではなく債権異動した時の状況です。

単純にお金がなくて・・・
というのはもってのほかですが、こんな理由の時は借入が可能な事があります。

メインバンクを切り替えてしまい引き落としの変更手続きをしていなかった。
さらに引き落としが出来なったというお知らせも引っ越してしまい家に届かず、電話番号も変わっていたため
電話もこなかった・・・

しかし、返済できる十分な資金は他の口座には入っていた。

こんな状況です。
そしてその全ての証明するエビデンス(証拠)が必要です。

当時の口座の入出金記録、住んでいた住所、引っ越し履歴、電話番号の変更など当時の記録全てが
必要になります。

それが出来なければ審査をする土台にすら乗らない。

これを揃えて証明するのはかなりた変な作業です。
ただ、これをしたからと言って必ず住宅ローンが借りれるとは限りませんし審査基準は厳しい目線で入っていきます。

それだけ債権異動はペナルティとして重いんですね。

債権異動してしまった理由なんですか?

参考までに覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。