おはようございます。
松崎です。
今日は久しぶりに家でゆっくりです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな話があった。
親戚の方の土地に家を建てる際に土地の所有者である親戚の方が物上保証人となるわけですが
この親戚の方が物上保証人になることを反対している・・・

これってたまにあるケースです。

以前、私のお客さんでもこんな方がいました。

申し込みをしたお客さん自体かなり住宅ローンの審査に手こずったお客さんでした。
1年越しで審査を通しましたからね。

しかも審査が通っていざ金消契約(銀行とお金を借りる契約のこと)を段取りしていたら
審査をした時よりも借り入れが増えていたのです。

あれほどショッピングの分割払いはするな!
と言っておいたのに40万円もするカバンを分割払いで購入していました。

それだけでも頭が痛かったのですが、お客さんから今回の物上保証人である
叔父に今回の借り入れ額が5500万円である事は言わないでほしい・・・

と言ってきたのです。
当然、そんなことは出来ません。
物上保証人ですから借入額の説明は当然しますし万が一の返済が遅れた時の事も
話しますよ。

と言ったらお客さんから
実は借り入れ額は3000万円くらい少なく見積もった金額で承諾を得たと言うのです。
なので5500万円である事がバレると書類にサインしてくれないかもしれない。

サインしてくれなかったらどうなりますか??
と言われたので、有志は出来なくなるとお話ししました。

建物も大手ハウスメーカーで完成済み・・・

なんていう案件が過去にありました。
この案件は、正直におじさんに話し書類にサインをいただき事なきを得ました。

このように物上保証人には、借り入れ額や支払いができなくなった時のリスク
そして抵当権が設定されるという事を事前にしっかり説明しておかなければなりません。

これから親や親戚の方の土地に建物を建てる人は、物上保証人の話をしっかりしておきましょうね

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。