おはようございます。
松崎です。
昨日は、リニアモーターカーの試験場を見学してきました。
全線開通するまであと27年掛かるそうです・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

数年前に自宅を売却して新しい家を2世帯住宅を建てると計画していたお客さんの
住宅ローンをお手伝いをしたことがあります。

お母さんが今住んでいる家を売却して息子夫婦と2世帯を建てる計画でした。

こういった案件だと既存の家を売却して新しい家を建てるのですが、家を売る前に一番大事な
作業があります。

それは、次に建てる家の住宅ローンが借りられるのか??
という点です。

このお客さんの場合、息子夫婦の収入が低かったためお母さんの収入も合算して7000万円ほど
借りる計画でした。

じつはこのお客さん、次の家の住宅ローンの審査をする前に今の家を売りに出していたのです。

基本的に次の住宅ローンが通らないと家を売っても住む場所がなくなるだけです。
その為、売却中だった家の販売を一度止めてもらいました。

その間に住宅ローンの審査をしたのですが、お母さんがなかなかの浪費家で審査が厳しい状態でした・・・
キャッシング、通販商品の分割払い・・・などなど借り入れた多々ありました。

その為、希望借入額を借りるために他の借り入れを減らす必要がありました。

ですが、自己資金がなかったため借入を減らす事が出来なかったので住宅ローンの審査を
通すことが出来ませんでした。

なので家を売却して新しい2世帯住宅を建てるのは数年遅らせましょう。
と話していたのに不動産会社さんに住宅ローンの審査を通す!と言われ再度売りに出してしまったのです。

買主が見つかり契約をしいざ新しい家の住宅ローンの審査をしたらやはり通らない・・・
お客さんは売却の契約を白紙に戻したいと不動産会社さんに相談をしたら違約解約になるので
1100万円の違約金が掛かると言われてしまったのです。

このお客さんはそのまま住んでいる家を手放しました・・・

怖いですよね。
今住んでいる家がなくなってしまうのですから。

こういった場合は、次に買う家の住宅ローンが通らなかったら売却の契約は白紙解約するという
特約を入れておく必要があります。

停止条件付契約というものです。

もし同じ状況のだという方は、覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。