おはようございます。
松崎です。
今日は、契約が入っているのでちょっとバタバタです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、借り換えの相談を受けた時にこんな話しがあった。

お客さん「A銀行で借り換えようと思っているんだけどB銀行も良さそう・・・」

私「でも金利はA銀行の方が良いですよ」と言ったらお客さんから
お客さん「B銀行のオプション団信は結構安いんですよね、金利上乗せではないし」

という話しが出ました。

A銀行とB銀行のオプション団信。
この二つは同じ団信でも内容が全然違う。

お客さんは団信というとみんな同じ内容だと思っているかもしれませんね。

各銀行がオプションで提供している団信は商品内容が大きく違う場合がある。
オプション団信で金利上乗せや追加料金も同じくらいだから内容も同じ。

とは限らない。

今回のお客さんもA銀行とB銀行の保証内容は全然違う。
A銀行は病気だけでなくケガなどで介護状態になっても保険金が下りる。
しかし、B銀行は病気のみに対応。

これだけで全然違います。

また、同じ8大疾病でも気をつけなければなりません。
それは保険適用のハードルです。

ガンと診断されたら保険適用に住宅ローンが0円になるものもあれば、ガンと診断されても所定の状態が12ヶ月続いたら
13影つめに住宅ローンが0円になるものもあります。

同じ8大疾病でも保険が適用される要件のハードルが全然違います。

オプション団信は、各銀行提供していますが内容は全然違う可能性があります。
しっかり内容を確認して比較してみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。