おはようございます。
松崎です。
今日は、来週の決済の準備をしていきたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建物を建て替える。
こんな時の住宅ローンで実は注意したい事がある。

建築会社によっては着工金も中間金の支払いもなくて完成時に一括支払い。
という建築会社もある。

その様な建築会社と住宅ローンの債務者が年齢が高い時に気をつけたい事です。
申込者本人が年齢が高い。
親子リレーで親の年齢が高い。

など、建築会社への支払いは完成時一括と住宅ローンの債務者の年齢が高い。

この組み合わせになった時の注意点です。

それは、完成時に一括支払いではなく少しでも着工金を発生させて早めに住宅ローンの
一部を借りるという事です。

せっかく完成時一括でいいと言っているのに先に一部でも住宅ローンをスタートさせれば
支払いが始まっちゃうじゃないか!

と思うかもしれません。
しかし、ある問題が行った事を考えると先に支払いが始まってしまう事など
大した事ではありません。

それは、病気です。

年齢が高い人、といのは病気になる可能性が高いのであえて年齢が高い人と
位置付けをしましたが、若くても病気や事故などのリスクはあります。

完成時に一括払いという事は建物が完成するまで住宅ローンを借りる必要はありません。
建物の大きさにもよりますが、打ち合わせから着工〜完成まで6ヶ月以上はかかると思います。

場合によっては1年かかる人もいます。

その間に病気や事故にあってしまうと住宅ローンが借りれなくなってしまうのです。
病気の人や事故で後遺症が残ってしまった人に銀行は住宅ローンを貸しません。

6カ月〜1年も完成までに時間があったら怖いですよね。
住宅ローンを貸せません!とならない様に建築会社と交渉をして着工金が入らないと
なっても少しでも先に融資を実行してしまった方がいいのです。

そうすれば、病気や事故にあっても団信の適用範囲であれば住宅ローンを保険金で
0円にする事ができます。

団信をスタートさせるという事がポイントなのです。

上記に当てはまりそうな人は覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。