おはようございます。
松崎です。
今日は、こらからハウスメーカーさんで打ち合わせです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、親から子への債務者名義が変わる借り換えは出来ない。
というお話をしましたね。

そのお話の中で親が子へ売買する場合でも理由によっては銀行は子に住宅ローンを
貸さないという事をちょっと話しました。

親が子に売買をしているのに銀行が住宅ローンを貸さないというのはどういう事でしょうか?
その理由についてお話ししたいと思います。

まず、銀行は親から家を買う子が親と一緒の住所に住んでいると住宅ローンを
貸してくれないのです。

一緒に住んでいないことが大前提になるんですね。

さらに、こんな売却理由も嫌がります。
親が住宅ローンを払うのがキツくて子供が支払いをするために子に家を売却して
子が住宅ローンを組んで支払っていく。

これは親の債務逃れとみられ銀行が最も嫌がるパターンです。

銀行が親から子へ売買をする案件に対して住宅ローンを貸すのは
上記の二つに当てはまらないパターンになります。

親から子へ売買を考えている人は覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。