おはようございます。
松崎です。
今週末から沖縄へ社員旅行の予定でしたが・・・
台風め!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、10年固定金利で住宅ローンを借りている人から借り換えの相談を受けた。

なんでも10年間の固定金利期間が終わるので借換えた方が良いのは?
と思った奥様からの相談でした。

この件でご主人がいらっしゃる日に改めてご自宅へ伺いました。
その時にご主人から
ご主人「固定金利期間が終わると再度固定金利を選択するか何も選択しなければ
変動金利になるんですよね?」

と質問を受けました。

ご主人の言う通りです。
固定金利期間が終わったら再度固定金利を選択するか変動金利を選択するかになります。
何も選択しないでいると自動的に変動金利になります。

ただ、ご主人が一つだけ勘違いをしていました。
変動金利にした時に現行での金利優遇がされると思っていたのです。

現行の金利優遇といのは、今、新規で住宅ローンを借りる人の優遇幅です。

例えば、ここ最近でいえば変動金利は優遇幅が▲1.95%くらいまでいきます。
そうなると店頭金利の2.475%から1.95%を引くと融資実行金利は
0.525%です。

ご主人は、この金利になると思っていたのです。

ですがこうはなりません。

これは、今、新規で借りた人に対しての優遇幅です。
10年前に借りたこのお客さんの金利優遇幅は▲1%でした。

なので2.475%から1%を引いて1.475%が変動金利に変えた時の金利になります。

皆さんも覚えておいてください。

借入した時の優遇幅が適用されるのです。

このお客さんは、結局借り換える事にしました。
融資実行金利は0.498%になりました。

このまま変動金利を選択するよりも金利は半分以下ですね。

皆さんも覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。