おはようございます。
松崎です。
今日は、夜に以前お手伝いしたお客さんのところへ行って来ます。
ちょっと複雑なご相談です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不動産を購入する際に売買代金とは別に掛かるのが諸費用です。
これは、建売を購入してもマンションを購入しても注文住宅で建築してもかかります。

購入する物件や相手によって諸費用の額は違いますが大体取引する価格の5%〜8%ほどです。

住宅ローンを借りる際にこの諸費用も一緒に借りるという方もいると思います。
近年”頭金0円”という広告も見受けられますので諸費用を自己資金で捻出せずに住宅ローンに含めて
借入をする事ができます。

そのため不動産が気軽に購入する事ができます。

この諸費用ですが、一緒に借入をするとどんな影響があるのでしょうか?

実は、諸費用は銀行によっては住宅ローンと一緒に貸してくれない銀行もあるのです。
それ以外にも諸費用部分のみ住宅ローンの様な低金利ではなく高金利になることもある。

住宅ローンは1%以下なのに諸費用部分の金利は2.475%・・・
という感じです。

それ以外にも諸費用も借りるとなると審査基準が若干厳しくなったり
金利優遇が最優遇までいかないこともあるのです。

諸費用も借りるから融資実行金利は0.525%で諸費用を借りなければ0.495%・・・

住宅ローンの金額って高額になりますからね、0.3%金利が違うだけで数十万、百数十万円と
利息が変わる可能性もあります。

もし諸費用分くらいは自己資金で捻出できる。

という方は、一度検討してみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。