おはようございます。
松崎です。
今日は、契約業務がありますので朝から準備をしています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不動産を購入する際に持分を複数人にする。
こういったケースは普通にあると思います。

夫婦で共有、親と子で共有など単独名義ではない場合です。

その時に気をつけてもらいたいのが、一般的に収入や支払いも持分通りにしなくてはならない
と言うことです。

どう言うことかというと、以前こんなお客さんがいました。

母と子でアパートを所有していました。
月の家賃収入は80万円、年間で960万円です。

その収入の全てを母親が確定申告していたのです。
それも母の収入として・・・

本来であれば2分の1の所有権をもったいる子も家賃収入をもらう権利があります。
と言うことは、子も全体の家賃80万円のうち半分の40万円は家賃収入をもらえるのです。

それを全額母の収入として申告するのはダメなのです。
この場合、子がもらう予定だった年間480万円は子から母にあげているとみなし
贈与として見られる可能性が高くあります。

また、支払いに関しても同じです。

父と子の共有名義でお互いが住宅ローンを借りていれば、お互いが住宅ローンを払う
必要があります。

持分を2分の1で毎月の住宅ローンの支払いが10万円だったらお互いに5万円づつ
支払い必要があります。

それを実際に建てたのは、息子だから住宅ローンの返済10万円を息子だけが
払っている。

といのも問題ありです。
本来、父も毎月5万円払わなければいけないのに子が払っている・・・
これは父が子から毎月5万円の贈与を受けていると見なされる可能性があります。

このように不動産を共有で持分を持っている人との支払い関係は、よく考えなければ
なりません。

共有で所有している人は気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。