おはようございます。
松崎です。
今日は、ご紹介いただいたお客さんのところへ行ってきます。
不動産投資のコンサルティングです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

こんな質問を受けた。
「住宅ローンの完済年齢って80歳未満ですよね?」

そうです。
住宅ローンの完済年齢は80歳未満。
45歳の人は最大34年の借入期間になります。

45歳を超えた部分は繰り上げになりますので、45歳と1カ月の場合は46歳とみなします。

その為、35年で借りたいとなると44歳までに申し込む必要があります。
これが一般的なルールです。

ただ、銀行によっては、完済年齢83歳未満。
という銀行もある。

その場合は、47歳まで35年ローンが組めるという事です。

余談ですが、以前こんな案件を見かけた。

完済年齢97歳・・・
77歳の人が20年ローンを組んでいたのです。
しかも連帯保証人なしです。

ありえないですよね。
相続人はいるのですが連帯保証人は嫌だという事で連帯保証人には誰もついていない
という状況でした。

その状況で銀行もよくお金を貸したなと思ったのですが、申し込み人の77歳の方には
資産がかなりありました。

預貯金で2億円、有価証券で1億5万円、不動産で4億・・・
これをバックに4000万円貸したそうです。

貸した銀行もノンバンク銀行だったのでできたのかもしれませんね。
金利は4.2%と高かったですが・・・

話外れましたが、住宅ローンは基本的に完済年齢80歳未満。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。