おはようございます。
松崎です。
今日から札幌に行ってきます。
どうやら寒いようです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、ハウスメーカーの営業マンからご紹介頂いたお客さんでのことです。
そのハウスメーカーは大手。

建物費用も坪100万円ほどのハウスメーカーです。
そのため35坪の家でも3500万円を超えるくらいの建築費用でした。

今回のお客さんは土地費用も含めて借り入れ希望額は4200万円。
しかし、気がかりな事がありました。

過去にこの地域で住宅ローンのお手伝いをしたお客さんの時にこんな事がありました。
そのお客さんは土地建物で3500万円の借入希望。

3500万円の融資内諾は貰えたのですが保証料が通常の1.5倍ほどになりました。

保証料の目安は35年の借入で大体の100万円あたりの借入で20,610円くらいです。
3500万円を借りると保証料は721,350円です。

それが110万円くらいになったのです。

その原因が担保評価でした。
銀行は、購入する土地建物の評価を計算します。

その評価額によって融資額が決まるのです。

今回のお客さんの様な土地の値段が安い地域の場合、銀行がその土地を評価をすると評価が低く
なる事があります。
その為、希望借入額に対して土地建物の担保評価が低すぎて銀行がリスキーと感じ保証料が割高に
なったのです。

銀行は、住宅ローンの返済が万が一できなくなった時にその土地建物を売却をして資金を回収しなければ
なりません。
それが土地建物を競売などで売却しても全然資金回収ができない様な評価の土地建物では銀行としては
リスクが高いのです。

土地の安いエリアの場合、上記の様に超過保証料が発生する事があるので覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。