おはようございます。
松崎です。
今日は、重要な打ち合わせが3件あります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日は、地主さんの息子さんとゴルフに行ってきました。
その時に、たまたま相続の話になりました。

Aさんのところって相続対策で生前に資産を移したりしてるんですか?
と聞くと「いや分かんない、何もやっていないと思うよ」と話がありました。

本人が知らないと言うくらいですから、不動産などの所有権も移していないと思います。

私の予想では、この地主さんのところはお父さんがなくなると恐らく10億円は
相続税がかかると見込んでいます。

資産の額は、私の知る限りで一番多い地主さんです。
不動産だけでも20億円は超えると思います。

かたや良くお付き合いをさせて頂いているもう一人の地主さんは相続対策がバッチリ。
相続税よりも生前贈与の方が税率が低いため数年前から地道に毎年資産を計画的に
移しているので相続税対策もバッチリです。

相続時は、相続人間で揉めるとよく聞くと思いますが、資産家ほど退散はしっかりされています。

今回の地主さんは、何もやっていないとのことでちょっと心配です。
相続対策って死に関わる話ですから敬遠する人も多くいますしこの話をすると怒る人も
当然います。

相続対策は、被相続人が病気をしたり年齢がかなりいってから考える人も多くいますが
実際は、死が近くなってからと言うよりも最近では認知症の方が先の可能性があります。

認知症になってしまうと遺言書も書けませんし生前贈与や不動産の売却などほとんどの
行動が制限されてしまいます。

そうなる前に対策が必要なんですね。
相続対策は、亡くなる前ではなく認知症になる前に。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。