おはようございます。
松崎です。
最近外食が減り、健康的な生活を送っています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、隣地との件で相談があるとお客さんからご連絡がありました。
訪問してみると、隣地の植栽の枝がこちらの敷地内に越境してきてどうしたら良いのか??
こっちの敷地内に入ってきている部分だけ切って良いのか?

という相談内容でした。

隣地から植栽の枝が出てきたらどのような対処をするのがベストなのでしょうか?

隣地の竹木などが境界線を越えて越境している場合の対処は民法233条で定められています。

民法では隣地の竹木の枝が越境して来た場合、竹木の所有者に枝を切るよう様に”請求”ができます。
枝は、勝手に切ってはいけないのです。

しかし、竹木の根が敷地を越境してきた場合は切除してもOKとされています。

枝は勝手に切ってはいけないが根っこは勝手に切って良いのです。

よくこんな表現をします。
隣の越境してきた柿の木の柿を取ると怒られるが、隣の竹の根っこが越境してタケノコが生えたら
勝手にとって食べていい。

とされています。
これだと分かりやすいですよね。

今回相談のあったお客さんは、東側が山になっており大きな樹木の枝がこちらに覆い被さるように越境していました。
枝を切るにも7mほどの高さにありとても素人では剪定できない。

樹木自体が10m級の高さの木が数本・・・

隣の所有者を調べたら市区町村だったので役所へ連絡して頂き対応してもらいました。
樹木の所有者によってはお金がないから剪定できないとか一向にやってくれないこともあります。

自分でやろうにも今回の様な大きな樹木の場合は、業者さんでなければできません。
こういった事がのちのち起こる可能性も考えて土地選びをしてみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。