おはようございます。
松崎です。
今日は、建物の打ち合わせに参加してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、確定申告をしている方の住宅ローン相談を受けました。
所得金額を確認してみると200万円以下。

売り上げは2000万円近くあります。
ありがちな経費計上をたくさんして節税対策をしている確定申告書です。

こういたケースの場合、本当に経費が1800万円もかかっているのか??
と確認するとかかっていないことの方が多い。

税金を少しでも減らそうと無理やり経費計上を増やしているのである。

このお客さんに希望額を借りたいなら来年の確定申告書を無理に経費計上をしないで
欲しいとお願いしました。

しかし、このお客さん今すぐ家を購入したい様で修正申告をすると言い出しました。

多く借りるために修正申告で嘘の所得金額にする訳ではなく、本来の取得金額に
直すのでまだ良いですが、この場合、修正申告をし本来の税金を収めたところで
住宅ローンの審査に通るかは分かりません。

また、修正申告をした場合、確定申告書に修正と印がつきます。

銀行が見れば「なんで修正申告したの??」となります。
節税対策でわざと所得金額を少なくしていていました。

というのは印象が良くないですよね。

仮に修正したことがばれなくても納税証明書や課税証明書に”修正申告”と記載される
市区町村があります。

それを見れば銀行も気がつきます。

いぜれにしても修正申告は理由によっては印象をよく思われないケースがあるのです。

確定申告書は、間違えず正しい形で申告しておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。