おはようございます。
松崎です。
今日は、午前中に以前お取引したお客さんの件で出かけて来ます。
何やら隣地との件で相談があるそうです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

弊社に依頼のくる住宅ローンの相談は様々です。

基本的に「審査が通らなくて借りれない・・・」という内容が多いのですが
中には、「融資額を伸ばせないか?」という依頼もきます。

特に依頼を受けるのか否か迷うのが年金生活者の住宅ローンです。

現金で建てようと思えば建てられるけど預貯金は崩したくないから
住宅ローンを利用したい。

こう言った理由ならいいのですが、預貯金もそんなになく住宅ローンを利用したい。
この様な場合は、少し迷います。

そもそも年金は、収入として扱ってくれるかというとそんな事はありません。
一般的に銀行は、年金は収入ではなく生活費と考えている銀行も多いです。

その為、審査に申し込める土台には登らない。
年金とアルバイトをしていると言っても収入はたかがしれています。

現在年金をもらっている人は、多い人で200万円近いです。
夫婦合わせても300万円ちょっとくらいです。

老後の生活費というのは夫婦で平気的な生活を送ると年間330万円ほどかかります。
という事は、年金はほぼ使い果たしてしまいます。

生活レベルにもよるのですが、住宅ローンの返済分を捻出するのは厳しいですよね。
そう言った事を考えると住宅ローンを通してあげるのが良いのか・・・

という感じです。
営業マンからしたら関係ない問題でしょうね。
彼らは売ればいいのですから。

年金とアルバイトで生計を立ててる。
そんな人は、住宅ローンを借りても生活していけるかしっかりライフプランしてみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。