おはようございます。
松崎です。
今日は、ジムに行き家でゆっくりしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

夫婦収入合算で住宅ローンを借りる際にはいくつかの注意点がある。

以前、私のお客さんでこんな方がいた。

ご夫婦の収入は合わせて800万円。
借り入れ希望額は6000万円でした。

ご夫婦の年収からしたら特に問題はないのですが、ご夫婦の年収割合に問題が
ありました。

それは、ご主人の年収が300万円で奥様のご年収が500万円だったのです。

夫婦収入合算の時には、特に気をつけなければいけないのが奥様が退職や産休、育休に
なった時です。

ご主人の年収が650万円で奥様の年収が150万円であれば、奥様が一定期間
産休や育休を取ったり退職をしてもご主人の年収と預貯金があれば生活できるかも
しれませんし、パートでもしれもらえれば生活できると思います。

しかし、今回のお客さんのようにご主人の年収が低すぎると奥様の年収がなくなった時に
大変です。

収入合算で住宅ローンを借りる際は、奥様が仕事を辞めた時の事も考えなければいけませんが
年収割合が奥様の方が多い時にも気をつけなければいけません。

奥様がバイトしたくらいでは生活を元に戻す事はできませんからね。

夫婦収入合算の時はお互いの年収割合にも気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。