おはようございます。
松崎です、
今日も軽井沢です。
恒例の友人達とゴルフ合宿です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

不動産を購入すると諸費用がかかる事は皆さんもご存知だと思います。
購入物件の種類にもよりますが仲介手数料のかかる建売などを購入すると売買価格の
約8%ほどかかります。

4000万円の物件を購入したら諸費用は320万円くらいかかります。

そして購入する際にこの諸費用も一緒にローンで借りたいという人もいます。
物件価格の100%と諸費用も借りるという事ですね。

頭金0円という事です。

この諸費用もローンで借りるということに関して注意があります。

銀行にもよりますが、諸費用も一緒にローンで借りたいとなると審査が厳しくなる事もあるのです。

一昔前までは購入物件の価格に対して8割しか融資してもらえない事もありました。
住宅金融支援機構の前の住宅金融公庫の時です。

住宅金融公庫のフラット35では融資は物件価格の8割までだったのです。
最近は、物件価格100%と諸費用まで貸してくれますので自己資金0円で購入できます。

また、不動産会社の広告にも頭金0円で購入できるような事も書いてありますから
諸費用までローンで借りる人も増えてきています。

そんな中、冒頭でもお話しした通り諸費用をローンで借りようとすると審査が厳しくなり
審査に落ちたり金利優遇が最大限取れない事もあります。

諸費用まで一緒に借りようと思っている人は、諸費用ローンに対して抵抗のない
銀行に審査を出す必要があります。

諸費用ローンは銀行によっては敬遠されるという事を覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。