おはようございます。
松崎です。
今日は、軽井沢からブログを書いています。
最近軽井沢は暑いと聞いてますが、雨が降ったせいか涼しいです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな相談がありました。

アパートローンの借り換えなのですが、契約書など書類を見てみると
ん??

何だこれは??

売買契約締結後に売買契約金額の変更の合意書が締結されていました。

銀行用に高い金額の売買契約書があり実際の金額はその金額より低いので売買契約金額の
変更合意書で本来の価格にしていました。

例えると
2億円の物件を2億2000万円で売買契約を締結しその後に2億円に変更しますと
別の書類で売買金額の変更をしているのです。

銀行には、2億2000万円の売買契約書を出して2000万円は手付金として払ったことにして
2億円だけ融資して。

というスキームです。
そうなると自己資金のない人でも2000万円を手付金として払ったことになります。

この融資に絡んでいたのがシェアハウスで問題になっていた銀行です。
この銀行、色々とまだ問題が出てきそうですね。

皆さんも売買契約のふかし行為は絶対NGです。

気をつけてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。