おはようございます。
松崎です。
今日から夏休みです。
天気悪いです・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、私が不動産会社でサラリーマンをしている時に、こんなお客さんの
お手伝いをしました。

買いたい競売物件がある。
と言ってきたお客さん。

その物件を見ると築1年の築浅の戸建て物件。
土地も広く築年数も新しいという事でその物件が欲しかったそうです。

裁判所が公開している査定書の写真をみると確かに程度も良くお買い得な感じです。

しかし、この物件は絶対に買わない方が良いとお話ししました。

そもそも築1年で競売に出るという事は、おそらく住宅ローンを最初の数ヶ月しか
払っていないはずです。

競売にかかるまで基本的には滞納し始めてから早くても6ヶ月くらいは掛かります。
場合によっては滞納してから1年間くらい経過してから競売にかかることもあります。

滞納してから1年・・・
そうなるとこの物件は住宅ローンを1回も払っていない可能性もあります。
調べると住宅ローンを貸している債権者は、6ヶ月滞納すると債権異動する会社だったので
この物件は、おそらく住宅ローンの返済をほぼしていない可能性が高くなりました。

住宅ローンを1回も払っていないなんて・・・
そもそも払う意思がなかった可能性さえあります。

そんなことのできる人が普通の一般の人とは思えません。
ということで調べたら暴力団関係者でした。

不動産を購入する際は、売却の理由や売主さんがどんな人なのか。
ここは購入前にしっかり押さえておきたいポイントです。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。