おはようございます。
松崎です。
今日は、ゆっくりな1日です。
塩漬けにしている仕事をしていきたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、借り換えのご相談でお客様のご自宅へ伺って来ました。
事前の話だけを聞いているとかなりメリットが出そうなお客さんでした。

残債額が9000万円はあり金利も2%半ばと聞いていたのでこれはかなりメリットが
あると踏んでいました。

実際にお会いさせていただき話を聞いていると一括完済の違約金がある様な話がでました。

一括完済の違約金とは、期限前に完済すると銀行が違約金として手数料を持っていくという
仕組みです。

銀行は、一括で完済されてしまうと当初見込んでいた利息が取れなくなりますからね。
その為、期限前の一括返済について違約金を設定している事があるのです。

主に固定金利で借りている場合にあるケースです。
今回のお客さんも固定金利でちょっと特殊な契約になっており約定の違約金の計算をすると
違約金が数百万・・・

こんな事ってあるの??
と思う様な内容でした。

初めて見るケースです。
現在の元金に対しての違約金ではなく借入時の借入額に対して違約金が掛かります。

はっきり言って銀行にいい様に契約させられている状態でした。
なぜ、このローン商品を使ったのか?不明です。

このお客さんは、この銀行を信頼して任せっきりだったのでしょうね。

これによりこのお客さんは借り換えのメリットがなくなってしまいました。

借り換えても違約金が数百万円かかるのでせっかく減る利息もチャラになってしまします。

銀行に全て任せっきりというのも考えものですよ。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。