おはようございます。
松崎です。
今日は、朝からつくばに来ております。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査をする際に影響してくるのが他の借入です。
車のローンやショッピングの分割払い、キャッシングなどです。

これは、住宅ローンの審査の際に借入額に影響して来ます。

他の借入が何もない状態とある状態では借りれる額が変わってくるのです。

個人事業主の方の場合、運転資金や設備資金なども審査の際に影響がでる事があります。

例えば、年間ローンの返済を180万円までの人だとすると他の借入がなければ
住宅ローンで180万円まで借りる事ができます。
月に15万円までの住宅ローンが組めるということですね。

でもオートローンが毎月3万円あれば住宅ローンの月の支払いは12万円までという事に
なります。

これが個人事業主の方の場合、事業で利用しているローンが上記の条件に組み込まれて
しまうことがあるのです。

そうなると融資額は大幅に減額されてしまう・・・
事業用のローンて月々10万円を超えるのは普通にありますからね。

しかし、銀行によっては事業で利用しているローンは審査の対象としない銀行もあります。
例えば事業で利用している車のオートローンは住宅ローンの審査からは除外してもらう。

そうなれば、審査には影響はなく融資額も希望の借りたい額が借りられる可能性が高くなります。

では、どうやってこの車は事業で利用しているのかを証明するかというと
申告書です。

単にこの車は事業で利用しているから住宅ローンの審査対象からは外してくれと
言って銀行は信じてくれません。

しっかり申告書でその車を減価償却しておく必要があるのです。
減価償却をしてれば事業で利用している車とみなされそのオートローンは審査からは
外され影響が出ません。

個人事業主の方の場合、この様に申告書でしっかり減価償却などを行っていれば
設備資金などを住宅ローンの対象から外す事ができます。

個人事業主の方は是非、覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。